ウーマン

憧れの仕事に就きたいならネイリスト求人をチェック

書き方に工夫する

シャツと書類

自分の強みをアピールする

職務経歴書の書き方に決まりはありません。常識は大切にするべきですが、書き方に工夫をして、企業の人事担当者の目に留まるようにする必要があります。職務経歴書を書くときは、自分の強みをアピールすることを第一に考えましょう。例えば、営業の仕事の経験が豊富で、営業に自信がある場合はその部分を詳細に書くようにします。職務経歴書を編年体で書く人もいます。これは誤りではありませんが、印象が薄くなることもあるので注意が必要です。採用する企業にとって一番関心のあることは、その人の直近の仕事です。高校や大学のことに注意を払う人事担当者はいません。編年体をやめて、直近のことから職務経歴書に書くこともできます。自分を強くアピールしたい場合は、この方法も考えてみましょう。

基本を守る

職務経歴書を書くときは、基本的なことをおろそかにしないことも大切です。特別な指定がない場合は、手書きにしましょう。パソコンで作成するのは避けるべきです。字にもその人の人柄が表れます。丁寧に心を込めて、書くことが大切になります。職務経歴書を書いているときに、うっかりミスをすることがあります。この場合は、最初から書き直すことが必要です。修正液を使って、直すのは避けましょう。些細なことですが、修正液を使うと悪い印象を与える恐れがあります。文は人なりという言葉があります。文章を通して、その人の人柄をチェックされることを忘れてはいけません。丁寧な言葉を使って、分かりやすい職務経歴書を書き上げなければなりません。